前へ
次へ

会社案内

バイオコモ株式会社は生物医薬品、バイオ製品の研究開発に取組んでいる会社です。

”人類が未だ克服できていないRSVやエボラ等の感染症ワクチンを創製する”
”安全で高い免疫誘導特性を活かし、少量で効果が期待できるコスト優位なワクチンを創製する”

詳しくはこちら

事業内容

ヒトパラインフルエンザウイルスの特性を活かし有効性および安全性の高い新しいタイプのワクチン用ベクター技術 (生ウイルスの持つ高い細胞吸着性等の長所と不活化ウイルスの高い安全性を併せ持つベクター技術)を構築しました。 このベクター技術を用いて感染症およびがんに対し次世代型ワクチン開発をおこなっております。

詳しくはこちら

パイプライン

バイオコモはBC-PIVプラットホーム技術を用いて現在感染症ワクチン、及び免疫療法剤を創製しております。

詳しくはこちら

INFORMATION

2016-01
Biotech Showcase(サンフランシスコ)に参加
2015-12
日本でRSウイルスが大流行。RSVワクチンの早期開発を目指します
2015-11
バイオコモ株式会社、バイオヨーロッパにて出展
2015-10
バイオコモ株式会社、バイオジャパンに出展
2015-09
ロックフェラー大学・辻守哉教授、バイオコモ株式会社顧問に就任
(Moriya Tsuji,MD,PhD,Professor,The Aaron Diamond AIDS Research Center, The Rockefeller University)
  • バナー
Page Top